レベルエンター山本大のブログ

面白いプログラミング教育を若い人たちに

越権行為のすすめ

ぶっちゃけ僕は越権行為が好きだ。

なぜなら、それは自分の運命を自分で握ろうとすることだから。


そもそも、僕らは大手SIerから切り出しで仕事を貰うことが多い。

しかし正直言って1次受けの会社の人たちが、プロジェクトを上手く回せないことも多い。

それは仕方ない。それを掘り下げても業界の構造の問題を憂うことになるだけだ。

だからといって「あの会社がへぼだからこんなデスマなんだ」とかは言わない。


仕事をくれたときから、その会社には恩がある。

頼られてるんだから仕事で返さなくてはいけない。

だからプロジェクトが失敗したら常に自分のせいだと思ってる。

頼られてるのに返せなかった自分のせいだ。それがプロじゃないだろうか。


それに人任せにしておけば、自分の仕事を自分でコントロールできない。

それはイライラしてしまう。


今回の仕事も初日の時点で、ほっとくとプロジェクトがボロボロになりそうだった。

ということでプロジェクトマネジメント補佐を買って出た。

「ちょっと管理面をお手伝いさせてくれませんか」といえば言いだけ。


提案と言いながらちょっとづつ進め方に手を入れていく。

プロジェクトの次工程に先回りして、失敗プロジェクトにならないように手を打ちまくる。


こういう越権行為を、僕が新人の頃から10年も続けてるから、

次に何が必要かということは予想がついて、対処法もわかってくる。

全部のパターンを用意するわけではなく、次に何が発生するか読むだけだ。


ということで、自分も成長しプロジェクトも成功する、越権行為はおススメだ。

嘆いている暇があったら、自分の手で運命を切り開けばいい。