レベルエンター山本大のブログ

面白いプログラミング教育を若い人たちに

BLOCKVROCKリファレンス目次はこちら

2000年代オブジェクト指向は絶対の正義だった。つまり僕は洗脳を経験している

私がIT業界の片隅に所属をし始めた2000年ごろ、Javaエンジニアはスーパースターだった。Javaエンジニアを名乗るということは、秘奥義オブジェクト指向を習得していることに他ならないからだ。

 

オブジェクト指向こそ正義」だった。

 

Javaオブジェクト指向を身につければ、20年は食っていけると言われたものだった。

あれから20年。たしかにJavaオブジェクト指向で20年は食えた。が、もはやオブジェクト指向は絶対でも正義でもない。

 

僕は、IT講師として新入社員にJavaを教える仕事もしているが「オブジェクト指向こそ正義」と無垢な生徒達に教えなければならない時に、苦痛を覚えるようにすらなってしまった。

 

2000年代から、新人教育のテキストは変わっていない。継承は積極的に使っていくべきで、オブジェクトは現実世界を模した仮想現実世界をコンピューター内に生み出す技術とされている。Strutsだけはようやく姿を消した。

 

 

2000年前半、

これからはオブジェクト指向だよ。当時の上司は言っていた。

 

 

オブジェクト指向を初めて学んだ時、理解不能だったのは、変数やループといったプログラミングらしい構文から一転して、様々な現実の例え話が登場することだった。オブザーバーは軍師で諸葛孔明なのだと書かれた雑誌を読んで先輩に質問したときに「そんなクソ本読むな。GOF(GangOfFour)を読め」と叱責された。しかし、GoFデザインパターンという本を知り、読み、さらに訳のわからない泥沼にハマったきもちになった。

 

オブジェクト指向を習得したと実感するためには、結局プログラムを書いて読むしかなかった。Sessionの状態管理をラップするクラスを書いたときだった。訳もわからずこねくり回した労力の割りに成果は少ないのだが、これぞオブジェクト指向だ!と実感が得られた。

 

 

それから、オブジェクト指向は自分の中でソフトウェア開発における「正義」だった。

 

 

当時SESでいろんな現場を行き来する末端のプログラマーだったが、「この現場はクソだ。コードにオブジェクト指向らしさが全くない。真理を知らないアホがリーダーをやってるんだ。」とぼやいていた。

自分たちだけは、日本のSE業界をオブジェクト指向を中心としたイケてる世界に変えていこう。

所属していたのは零細なSES企業だったが、オブジェクト指向的な技術力で盛り立てて、大手のイケてない現場でブイブイ言わせてやろう!と心のそこから思っていた。

 

 

薄々は感じていた。

 

 

インターフェイスの分離やデザインパターンを使わない現場に入った時、IDEがコードのジャンプを適切に実行してくれることの楽さを感じた。

しかし、その現実に目をつぶって、わざわざ全部をインターフェイスで分離して、追いかけにくいコードに書き換えた。これこそがオブジェクト指向ですよ、すばらしいでしょう。と。。

 

ダサい手続き型は残らずこの手で駆逐してやる

オブジェクト指向的にリファクタリングすることが、正義だと思っていた。 

 

 

自分がプロジェクトのリーダーや技術のリーダーになる頃には、徐々に気付き始めていた。

Webのサーバーサイドで隆盛を誇っていたJavaだが、実のところWebサーバーサイドの現場のコードにオブジェクト指向が必要な部分などそう多くはなかった。

 

フレームワーク部分では、多少オブジェクト指向的なテクニックは有効だったが、大半のコードは業務の流れを記述し、DBアクセスのフローを制御するだけのもので、無駄に継承やデザインパターンを駆使しているコードはメンテナンスしにくいだけのものだった。

  

 

その頃には、駆け出しエンジニアの後輩から

「現場ではオブジェクト指向のテクニックを十分に使わせてくれません、せっかく学んだオブジェクト指向のテクニックを駆使するにはどうしたらいいですか?」的なことを聞かれて、どうにも返答に困るようになっていた。

 

なぜなら要らんからだ。

 

現場のリテラシーが低いだけとは言い切れない。と思うようになってきていた。

 

 

「世の中を変えたければ偉くなれ」程度のアドバイスでお茶を濁した。

正義は時代とともに形を変える。

 

 

オブジェクト指向は、使えると便利なシーンは確かにある。

グローバル変数を細かくしてくれた。

型を自分で作れるのはとても嬉しい。

文字列配列のindex 0はIdで、index 1 は氏名で、、、というプログラムを書いていた世界には戻る必要はない。

しかし、絶対の正義というほどのことではない。指向にするほどのものでもない、ただの便利な言語機能だ。

 

 

しかし、2000年代は絶対の正義と言えるレベルの宗教だった。

オブジェクト指向が、分析や設計にまでおよぶ広大な宗教だったから、部分的な不都合などは些末なことだった。

 

 

僕は、自分がようやく壁の中に逃げ込んだだけの人類に過ぎず、壁の外には広大な世界が広がっていることを知った。

 

 

生まれてこのかた、自分は正常なリテラシーをもった現実的な考え方の人間であり、たくさんの情報源にふれているので何者かに洗脳されることはない、と思っていた。

 

しかし、事実として僕は、オブジェクト指向絶対教に洗脳されたことがあり、

 

いま、新しい宗教に洗脳されている人を見たとしても 

それが悪だとか、自分が洗脳されていないとか言い切ることはできない。

 

 

 

 

ビジョナリーカンパニー弾み車の法則

「ビジョナリーカンパニー弾み車の法則」(TURNING THE FLYWHEEL)は90ページほどしかない書籍だけれど、重要な指針を書いてくれている良い本だと思います。90ページなので紹介もしやすいですね。

 

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

ビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則

 

 

ビジネスモデルを構築する作業の中で、とても本質的な内容だと思います。

「弾み車効果(THE FLYWHEEL)」とは、アマゾンの戦略コンサルタントも努めた本書の著者ジム・コリンズさんが見出したものです。

 

良い会社から偉大な会社への飛躍とは、たった一つの決定的行動、壮大な計画、驚異的イノベーション、幸運、あるいは奇跡の瞬間がもたらすものではない。それはむしろ、巨大な思い弾み車をまわしつづけるようなものだ、と。

力いっぱい押すと、弾み車はほんの数センチ前へ動く。さらに力を込めて押しつづけると、ようやく1回転する。そこで手を止めない。押し続ける。

弾み車は少しだけ速く動くようになる。2回転、3回転押し続ける。・・・

1万回転、10万回転。すると、ある時点でブレイクスルーが起きる。およそ止めようのない勢いのついた弾み車は、飛ぶように転がっていく。 

 

そしてアマゾンでは、この弾み車を事業の中核に据えてモデルを考えていました。

 

ベゾスとその側近は、独自の好循環を図で表している。それこそがアマゾンの推進力になってきたというのだ。内容はこんな具合だ。

f:id:iad_otomamay:20210119175851p:plain

『低価格が訪問客数の増加につながる。顧客増加が売り上げ増加につながり、手数料を支払うサードパーティーの売り手をサイトに引き寄せる。それによってウェブサイトを運営するのに必要な配送センターやサーバーといった固定費に対してより多くの売り上げをあげられる。効率性が高まることで、さらに価格を下げることができる。』

この弾み車の構成要素のどれをおしても、ループは加速するはずだと彼らは考えた。

こうして弾み車が回転し、勢いがつく。さらに弾み車を押せば、勢いは加速する。それを繰り返す。

ベゾスは、アマゾン成功の決め手は弾み車効果を活用したことだと考えている。とストーンは書いている。

  自社の独自性について考える|藤本正雄(ふじもと まさお)|note

 抽象化されていて、一見当たり前のように思えるかもしれませんが。大事なことは、一貫して好循環を回し続ける努力をすることですね。

 業績が急落したときにこの好循環を回すことに集中できるでしょうか。

 

ドットコムバブルが崩壊した混乱期に、ベゾス以下の経営陣がパニックを起こして弾み車を放り出して悪循環に陥ってもおかしくはなかった。

・・・

悪循環に陥った企業は、不本意な結果に直面すると、規律を失い、場当たり的な対応をするようになる。新たな救世主、流行や目新しい出来事、方向性に飛びつく。それはさらに不本意な結果を引き起こすだけだ。

・・・

一方アマゾンは、弾み車を堅持し、勢いをつけるためにその枠組みの中で積極的に確信を続けた。
 

 特に悪い環境になったときに、弾み車を回し続けることができるかどうかがポイントですね。 

 自分のビジネスでも、好循環のサイクルをどのように構築するかを考えて行きます。

 

 

プログラマ育成者に知っておいて欲しい初心者の5段階

 プログラミングスクールといえばグレーなビジネスモデルというようなイメージが蔓延ってしまって悲しいですが、プログラミングのスキルを多くの人が手にすることはとても有用なことではあるので今後も頑張っていきたいと思います。

 

 プログラミングを習得しよう!と学習を始めた人たちをこれまで、数千人ほど観察してきました。その中で気づいたことは、プログラミング初学者は同様の場所で詰まってしまう傾向がみられるということです。多くの人にとって、同様のハードルというかステップがあるのだと思います。そういうことを書こうと思います。

 

 ステップは0−4としました。しかし、Webや組み込み、ゲーム、データサイエンスなど、目指す世界によってその先にさらにたくさんのハードルがあると思います。ここでは、その後にどのような世界に進むかに限らず、プログラミング学習者に共通して現れるハードルに絞って記載しようと思います。

 

ステップ0:コンピューターに対するリテラシー

0-1. タイピングが間に合わない、誤字、タイプミス心が折れる

0-2. 新たに登場する英単語の多さについていけない。学んだ次の日には用語を忘れてしまう。

0-3. コンピューターの一般用語に対する勘が働かない、例えばログイン/ログアウトとサインイン/サインアウトが同義語だと区別がつかない。サーバーという用語が1つのコンピューター端末を指すと認識できないなど

 

このハードルについて

 ステップ0はプログラミングというよりもコンピューターに対する慣れ、リテラシーというようなステップです。そのため、ゲームやネットの世界を徘徊しているような人であればアドバンテージになる部分だと思います。

 プログラミング用語に限らない「デバイス」や「メモリ」や「OS」などの用語がコンピューター初心者を苦しめます。これらのコンピューター用語に明るければ負担を少し減らせます。

 プログラミングが必修化した今どきの子供にとってはゲームやネットも教養の一部になってるといえます。子供には恐れずにゲームやインターネットに触れさせると良いと私は考えています。

 教養の差は後で効いてくるのでプログラミングを学び始めたら、プログラミングの学習だけではなく、より広いコンピューターリテラシーを持つように日々の積み重ねをスタートして欲しいです。育成者であればリテラシーを蓄積する課題を科してあげると生きた教育になると思います。

 日経コンピューターなどの雑誌の過去ログを読んだり、タイピング練習を始めたり、パソコンを組み立てたり分解したりがおすすめです。就職するときやプロになってから本当に効いてくると思います。

 

ステップ1:エラーや失敗から学ぶスタンス

1-1. エラーが出るとパニックになる

1-2. エラー内容を読まない

1-3. 試行錯誤にトライしようとしない

 

このハードルについて

 ステップ1は、初心者あるあるですが意外に深いテーマでもあります。エラーとの向き合い方は、極論すればコンピューターとの向き合い方だからです。

 エラーは、コンピューターとの会話であり、融通の効かない世界に立ち向かう強い武器だと思います。エラーは、仲間であるコンピューター(というか言語設計者)からの優しさなのですが、初心者は「真っ赤になって怒られた!」と思ってしまいます。

 

「コンピューターは怒ってなどおらず。一緒に問題を解決したいと思っているんだ。」

 そう教えるようにしています。

 

 エラーメッセージを読み、原因について分析して仮説を立て、検証をして正解を導き出す姿勢こそが、プログラマにとって最も重要な姿勢です。そして、初学者をその姿勢に導けるかどうかが育成者としての手腕だと思ります。

 

 コンピューターよりもさらに不確実な「現実世界」にはエラーメッセージのような親切な仕組みはありません。コンピューター、エラーメッセージと向き合って原因分析や仮説の検証、改善というプロセスを前向きに捉えられると、不確実で複雑な現実への向き合い方も変わってくると思います。

 子供らにプログラミングを教える意義はここだとさえ思います。ビジネスの世界を含む、現実世界の様々な未知の課題解決においても役に立つ姿勢なのです。

 

ステップ2:制御とフローとデータのイメージ

2−1.  ループのイメージがつかない。上から下に書いている文章が繰り返す意味が理解できない

2-2.  頭の中でデータの変遷が追えない。データのイメージが頭の中に作り出せない

2−3. 多次元配列やオブジェクトのイメージが頭の中に作り出せない

2-4. 多くのことをいっぺんに考えすぎていて手に負えないと思ってしまう

 

このハードルについて

 ステップ2からは、プログラミングらしいハードルです。そのためプログラミング初心者は多かれ少なかれ経験するハードルです。ただ、その乗り越え方や乗り越える速さには個人差があります。いくつかの練習問題に取り組むだけで乗り越えられる人もいますが、他の人の何倍も理解に時間がかかる人もいます。

 しかし、遅かれ早かれ諦めなければ必ずクリアできるハードルなのです。私はそう確信しています。頭の使い方の慣れの問題であって、いままで見てきた学習者の中で最終的にここがクリアできなかった人はいません。

 ちなみに今では偉そうにプログラミングの先生を語る私も、ここで苦労しました。コンピューターリテラシーがなく、独学で取り組むしかなかった22歳の私は、8時間×3日間、1つの課題に悩み続けてようやくループとはどういうものかを体得したのです。

 

ステップ3:定義と実行のイメージ

3-1. 関数の定義と呼び出しについてイメージできない

3-2. 実行時の処理が移動することがイメージできない

3-3. 呼び出す側と呼び出される側が存在することがイメージできない

3−4. データを知っている、知らせる、戻すなどのイメージや、データの管理場所をイメージできない

 

このハードルについて

 プログラミング学習を始めてからしばらくのうちは1つの関数定義で完結するプログラミング練習問題をクリアしていくことでしょう。

 そこからステップアップしていく時に詰まってしまうハードルとして構造化関数化があります。そして、その延長にはオブジェクトやクラス・型が難関として待ち構えます。

 特に、異なるファイルに書かれた関数やオブジェクトを呼び出すことは、どのような言語でも学習者にとっては、慣れるのに時間を要するポイントです。ただ、ここも慣れの問題なので時間をかければ必ずクリアできます。諦めなければ。

 

 ステップ3のハードルに際しては、できるだけたくさんのプログラミングの課題演習に触れるのが良いと感じます。しかし、市販の書籍やスクールのテキストでは、このパートをさらっと進めてしまうものがあります。

 もっというと、このステップ3に限らず、スクールテキストなどで「慣れ」に目を向けないものは多いと感じます。1回説明したらわかるだろうというスタンスのテキストだ。関数やオブジェクトといった概念は、説明を聞いて理解するというよりも、体で慣れなくては使えるようになりません。説明は1回でもいいが、演習はたくさん欲しいと感じます。初心者の気持ちによりそうテキストかどうかは、こういったパートでの演習量をみてみると良いでしょう。

 慣れに目を向けないテキストが生み出されるのは、エンジニアらしい部分でもあるといえます。プロのエンジニアにとっては、同じことを繰り返しドキュメントに記載するのは悪だとされています。できるだけ1箇所に事実を書いて、同じ概念が出てきたら何ページを参照というようにリンクづけすることが、プログラミング的な考え方では正解なのです。

 

ステップ4: アルゴリズムデザイン

4-1. 自分が発想した解決するべき課題に対して、処理の流れを組み立てることができない

4-2. 自分でデータの構造を作りだせない

4-3. 正しさの検証手順を考えられない

4-4. 大きな物事を大きなままで考えている

 

このハードルについて

 答えのある演習課題を使ってプログラミングを学び始めるのが一般的です。しかし、ある時点で自分でオリジナルのアルゴリズムを組み立てることが必要となります。漠然とした課題に対する解決を自分で考案しなくてはならなくなると、アルゴリズムデザインの力が求められます。

 アルゴリズムというと、なぜかネット上の情報や本では「ソート」や「サーチ」しか扱われません。そのため「アルゴリズムとはバブルソートクイックソートのような高度で洗練された手順である」などと思い込んでいる人もいて、難しく捉えすぎているケースが多いです。

 アルゴリズムデザインは、解決する手順を組み立てられる力です。不格好でも、非効率でも問題が解決される手順が示せることが大事で、最適化はあとでスキルが上がった時にやればいいと割り切るのが大事です。

 アルゴリズムデザインで大事なことは、3つ。

 ・大きな物事を手に負えるサイズまで分解して考えること

 ・順序を組み立てて過不足なくつなげること

 ・小さくテストしていくこと

 

 アルゴリズムのデザインを含めた「デザイン」つまりソフトウェアの設計こそ、プログラミングのクリエイティブな部分であり、面白いところです。

 問題に対する解決策を提案して実装し、それがバチっとハマったときの快感や、より効率的なアルゴリズムによって、いままでの処理が劇的に効率化したときの快感がえられたら、あとはほっておいても学びたくて仕方なくなるものです。

 

 冒頭にも記載したとおりに、この先にもたくさんのハードルがあるのですが、ステップ4までのハードルの意味が理解でき、乗り越えた実感がえられたら、あとは突き進むだけだと思います。 

 プログラミング学習が、育成者にとっても学習者にとっても幸せな時間になればいいですね。

 

VSCode「デコレーターの実験的なサポートは将来のリリースで変更になる可能性がある機能です」を消す

VSCodeでtypescriptを書いていてデコレーターを使うと、

デコレーターの実験的なサポートは将来のリリースで変更になる可能性がある機能です。'experimentalDecorators' オプションを設定してこの警告を削除します

というワーニングがでる。

tsconfig.json

"experimentalDecorators": true
をやるだけでは取れなかったが、
 

 以下の記事をみて設定から、Experimental Decoratorsにチェックを入れたらワーニングが消えた。

ihatetomatoes.net

視線の方向に常に直進する

 VRの視点を操作してVR空間を自由に動き回りたい時は、カメラに「常に直進」属性ブロックを設定します。

 

f:id:iad_otomamay:20200125190818p:plain

カメラを常に直進する

スマートフォンVRでは、コントローラーやタッチなどで操作できない場合が多いため、スマートフォンの向きを変えることでスマートフォンの向いている方向に直進していきます。

 

[公式]カメラを常に直進させる

 

常に直進のブロックは、カメラだけではなく直方体や球体などの物体に設定することもできます。

 

 

 

カメラを操作する

VR空間では、カメラという物体でユーザの視点を決めます。

カメラはシーンに1つだけ登録できます。

 

[公式]カメラ

 

このプログラムでは、カメラブロックを表示してYの位置を10にセットしています。

これによって上空に視点が移動して空を飛んでいるような表現になりました。

f:id:iad_otomamay:20200124132123p:plain

カメラの操作

 

殴れる物体を作る

「動きのある物体」で重力の影響を受ける物体を作ることができます。

また「動きのある物体」に「クリックした時〜のチカラでなぐる」ブロックを設定することで、注視点カーソルでクリックした時に力を発生させることができるようになります。

 

土台ブロックにするために「静止した物体」を設定した直方体をXZ方向に広げて透明にしておきます。

 

[公式]殴れる物体を作る

f:id:iad_otomamay:20200105205207p:plain

殴れる物体を作る