レベルエンター山本大のブログ

面白いプログラミング教育を若い人たちに

自分向けにソフトウェアを作ったことがないエンジニアと自分向けに料理を作ったことがない料理人

いままで、ITエンジニア向けの研修で「自分向け(または個人的に)どんなものを作ったことがあるか?」をアンケートすると一番多い答えは「特になし」。「これからどんなものを作りたいか?」を聞いたときすら「特にない」と答える人がいる。

技術は仕事のために習得しており。役割になりたい(プログラマになりたい、コンサルタントになりたい)ということを原動力に学ぶ。

しかし、他のプロの職人(たとえば料理人)に、個人的になにか作ったことはあるかと聞いたときに「特になし」なんてありえるだろうか。
他の職人は、何かしら個人的に作りたいものや作った経験があって、作ったことによる喜びも知ってるはず。人に喜んでもらうこともその一つ。
作る喜びがわかってると、自ずと新しいことに興味がわいて学ぶ意欲がでてくる。参考書を丸暗記するよりも効果が高い。

プログラミング講師としては「作りたいものを発見してもらうこと」が、「個別の技術を教える」よりもはるかに成長の効果があると感じる。
子供向けプログラミング教育でも同じことがいえる。