レベルエンター山本大のブログ

面白いプログラミング教育を若い人たちに

時間を掛けて紡いだ価値はお金で買えないが、時間と共に価値が薄れる。

僕が始めて、世の中にお金で買えないものがあると認識したのは

中学生のとき、大切に育てたゲームのセーブデータをオカンに消されたときだ。

あまりにも落ち込んだのでオカンは新しいゲームが買えるぐらい小遣いをくれたけど

そういうもんじゃない。

時間を掛けて紡いだ価値はお金で買えない


さて、最近32歳になった僕は引越しをしたときPS2のゲームのセーブデータが入ったメモリーカードをなくしてしまった。

もう7年ぐらい前に買ったPS2で当時はいろんなゲームをしたもんだ。

そういった思い出と共に全て消え去った。


しかし、今それほど大慌てすることもない。「残念だったな」とは思うけど。

ゲームに熱中してるときだったら、大慌てで荷物をひっくり返してるかもしれない。

もはや僕にとってそのセーブデータは価値を失ってしまってるんだ。

時間をかけて紡いだ価値は、時間によって価値を失う。



唯一、価値を失わないようにするためには、

手をかけ続けることだろう。情熱を失わないように。

手をかけることを辞めたときに、情熱がちょっとづつ零れ落ちていく。



人との関係、自分の能力について、特に思う。

努力をし続けるというほど重いものではない。

手をかけ続けることが大事。


継続は力なり