レベルエンター山本大のブログ

面白いプログラミング教育を若い人たちに

教え子から貰ったもの

5月24日は誕生日だった。

その翌日、朝いつもどおり教室に入ったら

ホワイトボードに教え子達からのメッセージが。


講師冥利に尽きる。本当にうれしい。


僕は、大学時代、教える仕事につきたいと思っていた。

しかし、大学を卒業してすぐのペーペーの状態で人に何を教えられるのか疑問だった。

22歳の若造が、人に教えるなんておこがましい。


学校の先生の話が面白くないのは、人生経験も積まないうちから

先生と呼ばれていい気になってるからだと思った。

まずは、自分が納得できるまで道を極め、そして人に教えるべきだと考えた。

そのとき教師の道は人生の後半にとっておこうときめた。


しかし、ひょんなことから講師をやることになって、教え子が毎年増えて行ってる。

まだまだ、毎日教わることのほうが多い。

でも、教えながら教わることも大事だということを知った。

今は、自信を持って教え子達を世に出したい。


彼らが、技術を軽視しない人として育ってくれたら。

この業界は変わるように思う。


僕も、彼らに負けないように、道を突き詰めたい。