レベルエンター山本大のブログ

面白いプログラミング教育を若い人たちに

対価をこえろ!

出せるものを出し切って、「え?この値段でここまでやってくれたのか?お蔭様で他社さんに対しても自社に対しても自慢できるよ!ありがとう!」と言って貰えなければ、次は無いんですね。実績も何もない人間が値段でモノ決められるようになるのは、まだまだ先の話。やりきらなきゃ、出し惜しみせずに。報われるかどうかの判断を値段で計ったら負けだ。

自分の成果を値段で計るな - GoTheDistance

非常に共感した。

プロフェッショナルとして、仕事を続けていくということは、「仕事の報酬を仕事でもらう」ことが必要だ。


そうでなければ、いつも単発の仕事で終わりだ。
その人の仕事は、営業さんが引っ張ってきてくれないことには成り立たない。
自立もできないのに、なんのプロだろう。
プロなら会社に依存するのではなく、会社を利用してこそだ。


仕事の報酬を仕事で貰うには、対価を超えたサービスを提供することだ。
対価と等しい価値しかないサービスなら、お金を払ったからやってもらって当たり前ということになる。


生産性を上げたなら、要求を1つ多く実現しよう。
どうせ、生産性をあげても現実的に報酬はそんなにあがらない。
単なる見積りミスで終わるか、追加の雑務を与えられるか、
もしくは「次はもっと安く出来るよね?」で終わる。


生産性を上げた暁には、顧客の無理な要求に快くYesと言ってのけてやれ。
圧倒的な技術力は、やみくもに顧客満足のために使えばいい。