レベルエンター山本大のブログ

面白いプログラミング教育を若い人たちに

中国人新人教育

ウチの会社では中国人の新人を採用していて、

新人教育も社内で行っている。

そんなことで、これからしばらくの間、僕が講師だ。


今、観ている新人は3名で大学で4年ほど日本語を学んでいるため、

かなりのコミュニケーションはできる。

しかし、一番の問題は「文化の違い」だ。



人間は十人十色だから、一概には言えないけど、

かの国は「主張を通した者が正義だ」という性格の人が多いと感じる。

本当に多い。僕が過去に見てきた中国人の新人は8名ほどだけど、6人がそうだった。


どういうことかというと

「けど、でも、しかし」と、自分を正当化するためにたくさんの言い訳をする。


この癖を直すところが、中国人を日本の開発現場で働いてもらえるように

指導する中では一番重要だと思っている。


日本人は、やっぱり言い訳が嫌いだし、

こちらが指摘することに対して、的外れな主張をされても、

そのような主張を認めるわけにはいかない。


例えば、技術習得に遅れが出てきている人に対して指摘すると

「でも、山本さんは、Aさんより私が技術について、
 がんばらなくてはいけないとおっしゃいましたが、
 私のほうが、Aさんより1本多くプログラムをかきました。
 そのことは認めてくれないのですか?」

と詰め寄られたりする。


Aさんもがんばらなくてはいけないレベルなんだ。

50歩100歩の差ではある。

指摘に対して、大意を受け取らずに、小さなことを主張して、

自分を正当化しているようにしか受け取られない。

たとえ僕を言いくるめたとしても、現場でプロジェクトリーダーに対して

こんなことを言ったところで受け入れられるはずも無い。

そもそもの自覚の問題でもある。



ということで、中国人を教育するときには、

「指摘を受け入れ、主張を抑える」

ことを第一に教えなくてはいけないと思う。



面白いもので、

日本人の新人には、まったく正反対のことを徹底させるのが鉄則だ。

「自己主張をしろ、反骨精神を持て」と。